【新日本・BOSJ】YOHがヒロム撃破!優勝決定戦の相手にエル・デスペラード〝指名〟

2022年05月26日 05時15分

前年度覇者の高橋ヒロムを撃破したYOH(東スポWeb)
前年度覇者の高橋ヒロムを撃破したYOH(東スポWeb)

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」Aブロック公式戦(25日、後楽園)、YOH(33)が前年度覇者の高橋ヒロム(32)を撃破して3勝目を挙げた。

 前回大会の優勝決定戦の同一カードで雪辱を果たした。ヒロムのヒザを徹底的に攻め立て、TIME BOMBもしのぐと変型牛殺しを発射。最後はDIRECT DRIVE(旋回式ダブルアームDDT)で激闘を制した。

 ヒロムには1日の福岡大会でのシングル戦でも完敗し「プロレスをもっと好きになれ」と苦言を呈された。リーグ戦の結果で見返すことに成功したYOHは「俺、プロレスめっちゃ好きだから。何を考えてるか分からないって言われたり、感情はないって言われたりさ。ほんとはもっと、自由でいいんだよね。こんなヤツがいてもいいじゃんって思います」と主張した。

 福岡決戦での屈辱をバネに「自分の道を自分でつくろう」と決意を新たにした。そんなYOHにとって今年のリーグ戦は背水の陣だ。「新日本は50周年ですけど、俺もデビューして10周年なんですよ。まだシングルのタイトルもBOSJも取れてなくて、ここらで残さないと、これやべえぞっていうのはありますね。だからこそ今年って思いはあります」と不退転の覚悟を明かす。

 前回は涙を飲んだ優勝決定戦(6月3日、東京・日本武道館)に突き進む中、Bブロックの相手に〝指名〟するのはエル・デスペラードだ。「高橋ヒロムとエル・デスペラードだけじゃねえ、と割り込む感じですかね。じゃないと本当の頂点に勝った気がしないというか。BOSJのポスター見ててもあの2人がデカく載ってますし、今のジュニアの顔はそうなってるんでしょうけど。その2人を完璧な形で崩してこそ、倒してこそっていうね」

 近年のジュニアをけん引してきた2トップを連破した上での初制覇で、団体に新しい景色をもたらす。

関連タグ: