【新日本】オカダが闘病中の猪木氏に復帰コール「今の新日本プロレスを見てもらいたい」

2022年01月06日 05時15分

オカダの願いは「猪木さんに今の新日本を見てもらいたい」だ(東スポWeb)
オカダの願いは「猪木さんに今の新日本を見てもらいたい」だ(東スポWeb)

 IWGP世界ヘビー級王者のオカダ・カズチカ(34)が闘病中の団体創始者・アントニオ猪木氏(78)に改めて〝ラブコール〟を送った。

 前夜の大型ビジョンに登場した猪木氏は「この前オカダ選手とインタビューした時に、もう一回新日本プロレスのリングに上がってくれと。でも今、何とか1日1日前進して回復に向けて頑張っています!」とメッセージを送っていた。

 この日のメインで勝利後にオカダは「俺はこの新日本のリングの上に猪木さんが上がってくれるのを待ってます。元気があればなんでもできる。そうでしょ? 猪木さん、しっかりと元気になって、このリングにまた上がってください」とエールを送った。

 大会前の本紙の取材でも「みんな猪木さんの子供みたいなものじゃないですか。今の新日本プロレスを見てもらいたいんです。何を言われてもいいかなと思いますね。それが今のプロレスですし、それにプライド持ってやってますし」と思いを明かしていた。猪木氏の復活を信じる声は団体内に多い。果たして燃える闘魂が新日本に帰ってくる日は訪れるのか。

関連タグ: