【新日本】上半期のビッグマッチが決定 5月1日に21年ぶりに福岡ドーム大会が復活

2022年01月05日 18時53分

福岡PayPayドーム(東スポWeb)
福岡PayPayドーム(東スポWeb)

 50周年イヤーを迎えた新日本プロレスは5日の東京ドーム大会で、2022年上半期のビッグマッチを発表した。

 5月1日には伝説の「レスリングどんたくin福岡ドーム」が復活し、福岡PayPayドーム大会の開催が決定。かつて5月の風物詩だった「レスリングどんたく」ではハルク・ホーガン対グレート・ムタ(1993年)やアントニオ猪木対ムタ(94年)といった数々の注目マッチが行われてきたが、2001年大会(メインは長州、中西組対小川、村上組)を最後に福岡国際センターでの開催となった。福岡ドームでの開催は21年ぶりとなる。

 この他、2月11日の宮城・ゼビオアリーナ仙台大会、同13日のエディオンアリーナ大阪大会、同19、20日の北海道立総合体育センター北海きたえーる大会が決まった他、3月1日の旗揚げ記念日は東京・日本武道館大会が行われる。

「NEW JAPAN CUP 2022」は3月2日の日本武道館大会と、同26、27日の大阪城ホール大会が決定。4月9日には東京・両国国技館大会が行われ、上半期最後のビッグマッチとして6月12日に大阪城ホール大会が開催される。

 

ピックアップ