【新日本・BOSJ】石森がワトから3勝目 ファンタズモとの同門対決へ「控えめに言ってすっげぇ試合になる」

2021年11月21日 18時15分

マスター・ワト(手前)を攻める石森太二
マスター・ワト(手前)を攻める石森太二

 新日本プロレス21日愛知大会「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」公式戦で、石森太二(38)がマスター・ワト(24)を下し3勝目を挙げた。

 昨年大会公式戦のリベンジを狙ったワトを返り討ちにした。石森は序盤から左腕と左肩に集中攻撃を浴びせて必殺のBone Lockの布石を打っていく。

 レシエントメンテで反撃を許しながらも、TTDを回避するとワトを強引に持ち上げてサイファーウタキを発射。ブラディークロスを切り抜けられてラ・カルテラで丸め込まれても3カウントは許さない。鮮やかなラ・ミスティカから一気にBone Lockに捕らえてギブアップを奪ってみせた。

 勝ち点を6に伸ばした石森は「アイツなりに考えてやってるってことが分かったよ。ただそれだったらまだ俺の想定内だ。今年のスーパージュニアにかけるなら、よそ見せずに一戦一戦目の前の相手だけに集中しろ」とワトに余裕のメッセージを送った。次戦(24日、後楽園)ではタッグパートナーのエル・ファンタズモと激突する。「今年の1・5東京ドームで幻に終わったバレットジュニアスペシャルマッチが、後楽園で実現するぞ。控えめに言って、すっげぇ試合になるぞ」と闘志を燃やしていた。

関連タグ:

ピックアップ