【新日本】EVIL率いる「ハウス・オブ・トーチャー」がNEVER6人タッグ王座取りへ

2021年10月21日 19時51分

場外で石井をいたぶったEVIL(東スポWeb)
場外で石井をいたぶったEVIL(東スポWeb)

 新日本プロレス21日の日本武道館大会で、EVIL率いる「ハウス・オブ・トーチャー」がNEVER6人タッグ王者の後藤洋央紀、石井智宏、YOSHI―HASHI組への挑戦を表明した。

 EVILはこの日、高橋裕二郎、SHOと組み現王者組と対戦。YOSHI―HASHIにカルマを狙われるとセコンドのディック東郷が介入し、ワイヤーチョーク攻撃でアシストする。

 即座に助太刀に入った後藤とYOSHI―HASHIの合体技「GYW」で再び窮地に陥ったが、ここも東郷がレフェリーの注意を引きつけてカウントを許さない。裕二郎がステッキ攻撃で敵軍を蹴散らすと、かつてCHAOSに在籍したSHOがYOSHI―HASHIをイス攻撃でKO。最後はEVIL(変型大外刈り)という極悪三昧で3カウントを奪ってみせた。

 さらに試合後のリングでも拷問の館による処刑は続く。東郷が後藤をワイヤーチョーク攻撃で絞めあげれば、SHOは石井にクロスアーム式パイルドライバーを発射するなどやりたい放題。NEVER6人タッグ王座のベルトを手にして王者組を徹底的に挑発した。

 してやったりのEVILは「YOSHI―HASHI、石井、後藤、お前らがそのベルトを防衛するのは永遠だって? 寝言は寝て言えよ。オイ、お前らがそのベルトを持って権力を持とうがよ、俺には通用しねえんだよ。なんでか分かるか? この俺が法律だからだ。そのベルトをさっさと俺らに寄越さんかい、オラ」とアピール。新日本を荒らしまわる新チームが、長期政権を築く6人タッグ王者からベルトを強奪する。

関連タグ:
 

ピックアップ