【新日本】2冠王者・内藤 KENTAのダブル王座戦認めた団体に警告

2020年01月07日 19時22分

2冠王者の内藤哲也

 新日本プロレスのIWGPヘビー・インターコンチネンタル王者・内藤哲也(37)が、2月9日の大阪城ホール大会でKENTA(38)とダブル王座戦を行うことがが7日、正式決定した。

 史上初の2冠王者となった5日の東京ドーム大会の試合後に襲撃を受け、年間最大興行のエンディングを台なしにされた。これを受け、内藤は対戦は認めつつも、2本のベルトをかけるかの判断は団体に委ねていた。

 意外にもアッサリとダブル王座戦となったことには「決まったからにはやりますけどね。でも本当にそれでいいの? 1月5日にKENTAが後藤(洋央紀とのNEVER無差別級王座戦)に勝ったのなら分かるけど、負けておいて認められてしまう。こういう変な前例を作ってしまうと、新日本にマイナスになってしまうんじゃないかと思いますね」と警告。史上初の東京ドーム2連戦で争われた2冠の価値を強調した上で、基本的には大阪城後は別々に防衛戦をこなしていきたいと希望を口にした。

「飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、オカダ・カズチカ、内藤哲也。ドームで2つのベルトを争った4人に比べたら、申し訳ないけど、彼は3枚くらい落ちるんじゃないですか? 一応“世界を経験した男”なんでしょ? その経験を生かして俺の目の前に立ってほしいですね」と不敵な笑み。まずは無法者に制裁を加える。