引退・シャーク土屋に惜別の大ブーイング

2016年11月25日 16時30分

大仁田(右)らの「ファイヤー」の叫びに土屋(左)は感無量の表情

 超戦闘プロレスFMWの24日後楽園大会で、極悪女子レスラーとして1990年代のFMW女子部を支えたシャーク土屋(46)が引退セレモニーを行った。鎌を手に入場すると、かつて抗争を展開した長与千種(51)がサプライズ登場。土屋は有刺鉄線竹刀で長与を殴打し、3カウントを入れる暴挙に出た。FMW時代の仲間も駆け付け、ファンから大ブーイングで送られた土屋は「これからも頑張ります」とリングに別れを告げた。昨夏に糖尿病で右ヒザから下を切断し、今年5月には乳がんで右胸の全摘出手術を受けていた。