引退の松坂大輔氏が大谷翔平と米キャンプで怪物トーク? 「報ステ」コメンテーターに転身情報

2022年01月07日 11時00分

今春キャンプで〝怪物対談〟が見られる?(東スポWeb)
今春キャンプで〝怪物対談〟が見られる?(東スポWeb)

 昨年限りで現役を引退した前西武の松坂大輔氏(41)が、独自の〝怪物視点〟でエンゼルス・大谷翔平投手(27)のすごさを伝えるコメンテーターに就任することになりそうだ。

 引退後初の年末年始を米国ボストンの自宅で過ごしている松坂氏は、2月の国内球団キャンプに合わせ来日し、現役時代にはかなわなかった12球団のキャンプ地巡りをしながら、評論家としての第一歩を踏み出す予定となっている。特定のメディア、媒体との専属契約はしない方針のようで、今季中は日米を行き来しながら取材や評論活動をしていくもようだ。

 その中でも、ひとつ注目されるのは昨年の米大リーグでア・リーグMVPに輝いた大谷を松坂氏が独自視点で解説するという〝在米コメンテーター〟としての仕事だ。

 関係者の話を総合すると、松坂氏はテレビ朝日系の「報道ステーション」のゲストコメンテーターとして日本国内のキャンプ取材とは別に、大谷を現地で取材。レッドソックスやメッツなどで8シーズンを過ごしたメジャー経験による独自視点で、二刀流スーパースターに迫るコメンテーター役を担う話が進んでいるという。

 松坂氏と大谷に直接のつながりはないが、昨年末に出演したフジテレビ系「ジャンクSPORTS」では司会のダウンタウン・浜田雅功の「大谷選手はどう思う?」との問いに「次元が違いすぎて人じゃない」と回答。「平成の怪物」がリアルタイムの〝モンスター〟大谷をどう語るのかに注目が集まりそうだ。

関連タグ: