阪神・マルテ9号2ラン&サンズ11号! 逆転甲子園は交流戦初戦からボルテージ最高潮

2021年05月25日 19時38分

3回に逆転2ランを放ち、ラパンパラを披露する阪神・マルテ(右)

「ラパンパラ」と「ハッピー・ハンズ」ですぐさま逆転! 阪神は交流戦初戦のロッテ戦(25日、甲子園)で、3回に3番・ジェフリー・マルテ内野手(29)と、ジェリー・サンズ外野手(33)がアーチ共演。3―1と逆転に成功した。

 1点を追う3回一死一塁。まずはマルテがロッテ先発・二木の131キロフォークを完ぺきに捉える。中堅越えに逆転の9号2ラン。「負けている展開だったからなんとか次の打者へつなぎたいと思っていたよ。最高の結果になってくれたし、甲子園でみんなでラパンパラをすることができて良かったね」。

 聖地・甲子園の一塁ベンチ前でナイン全員と決めポーズを決めると、その興奮も冷めやらぬうちに、今度はサンズが二死から124キロのスライダーをこれまた中堅左越えに3点目の11号ソロ。「マルテが最高の仕事をしてくれたから、その良い流れに乗って打つことができた」とお決まりのハッピーハンズポーズだ。

 助っ人のアーチと決めポーズの共演で甲子園のボルテージは一気に最高潮に達した。

関連タグ: