1日の楽天ーロッテ戦で観客が〝守備妨害〟 MLBなら退場処分

2021年05月02日 10時23分

4回裏、角中勝也の守備をファンが妨害したことを協議する審判

 1日の楽天ーロッテ戦(楽天生命)で観客の守備妨害によりファウル判定がアウトに覆るシーンがあった。

 場面は楽天が3点をリードして迎えた4回一死二塁。楽天の1番・小深田が打ち上げた左翼ファウルゾーンへの飛球を追いかけたロッテの左翼手・角中が捕球体勢に入ったところ、スタンド前列の観客が立ち上がりグラウンド側に乗り出して手を伸ばしてきた。

 これに視界をさえぎられるような形になった角中はこの邪飛の捕球に失敗。三塁塁審の判定はファウルとなった。

 しかし、これにロッテ・井口監督が確認を求めると審判団がベンチ裏へと下がり協議。数分後、木内球審が「ただ今の打球に関し、観客の妨害がなければ捕球できたと判断しましたので、アウトと判定します」と場内アナウンスを行いこのファウル判定は左邪飛へと記録が変更された。

 試合後、井口監督は「リクエストをする前に、本当は審判が見なくちゃいけないはず」と最終的にリクエストの形で判定が覆った今回の判定プロセスに疑問を投げかけた。

 MLBであれば、球場規則もあり、フェンスを越えて選手のプレーを妨害した観客に対しては、「退場処分とする」ことはフェンス際の客席に向け明記されてもいる。

 この妨害がメジャーの球場で発生していれば、間違いなく退場が命じられることだろう。

 ただ、球場係員の対応も含めてそのような文化のない日本でそれを実際に断行できるのかという問題を提示した今回の観客による〝守備妨害騒動〟だった。

関連タグ: