二軍スタートの阪神・板山祐太郎が初の開幕一軍を確実に

2021年03月22日 05時00分

板山祐太郎
板山祐太郎

“下克上”で初の開幕一軍切符を勝ち取った。阪神の6年目・板山祐太郎外野手(26)が、初の開幕一軍入りを確実にした。

 オープン戦最終戦となった21日のオリックス戦(京セラ)。「7番・右翼」で先発すると敵先発の山岡から右翼線を破る三塁打を放つなど、一軍定着の課題でもあった打撃でアピールした。
 さらにこの日は守備でも躍動した。3回、二死一塁から宗の右前打を素早く処理すると、三塁を狙った一塁走者を刺した。試合後、矢野監督はこの日の板山の好守にわたるプレーを評価したうえで「一軍? 入る。入れようと思う」と開幕メンバー入りを明言した。

 板山は今季、キャンプは二軍スタート。一軍でのアピールを開始したのは今月9日の広島とのオープン戦から。主に途中出場中心ながら、10試合で1本塁打を含む5打点、打率3割3分3厘と好調の打撃も光り、2月から一軍キャンプに参加していた複数の外野手を差し切った。

 滑り込みで開幕一軍切符を勝ち取った板山は「チームが日本一になれるように、そのワンピースになれるよう、自分らしさを出していきたい」と年間を通じての一軍定着を目標に掲げていた。

関連タグ: