阪神・ドラ2伊藤将が初対外試合で1回無失点デビュー「少し緊張しました」

2021年02月28日 18時21分

ヤクルト戦で好投した阪神・伊藤将

 阪神のドラフト2位・伊藤将司投手(24=JR東日本)が、28日の練習試合・ヤクルト戦(浦添)で対外試合初登板。1回1安打無失点と無難なプロデビューを飾った。
 
 6回から4番手で上がったマウンドは、4番・村上を含む敵の3番からの中軸打線とのマッチアップ。「いきなりレベルの高い打者との対戦だったので、少し緊張しました」と振り返りながらも、冷静に最初の打者から空振り三振を奪うなど、社会人出身らしい落ち着いたマウンド裁きだった。

 敵の主砲・村上には変化球を中前に運ばれたが、後続を抑え、無失点デビュー。「キャンプの最後で投げることができて良かった。きょうは少し力みもあったので、次回以降はもう少し力を抜いて長いイニングを投げれるように」と、目標の開幕先発ローテーション入りへ向け、ここからアピールに本腰を入れていく。

関連タグ: