【日本シリーズ大予想】伊原春樹氏 初戦を菅野で落としたら巨人の巻き返しは難しい

2020年11月19日 11時30分

伊原春樹氏

【日本シリーズ予想=伊原春樹氏・ソフトバンク4勝2敗】4勝0敗という去年のような一方的な展開にはならないだろうが、先発陣の層の厚いソフトバンクだろう。巨人は絶対的な存在は菅野のみ。エースの菅野と2枚目以降の力の差が大きい。対するソフトバンクは千賀を筆頭に先発で出てくる投手はいずれも力がある。ベテランの和田だって5回までならきっちりと計算できる。初戦で出てくるであろう菅野で落とせば、巻き返しは苦しい。

 打力もソフトバンクは1番に定着した周東がチャンスメークし、柳田、グラシアルがかえすという勝ちパターンで後半戦は勝ち続けた。ロッテとのCSでは中村晃やお祭り男の松田宣も活躍。打線に抜け目はなくなった。

 巨人にとっては本拠地の東京ドームが使えないのもハンディだろう。いつものロッカールームで着替えて気持ちを高めることができないのは、どうしても違和感がある。ただ1978年に広岡監督率いるヤクルトが日本シリーズに初進出した際、本拠地の神宮が使えず後楽園を借りて優勝している。人様のロッカールームからいい方向に向かうことだってある。(本紙専属評論家)