阪神・藤川が清原氏に〝復帰〟エール「人生誰でも失敗する可能性はある」

2020年11月11日 01時41分

引退会見で清原氏への思いを語った藤川(代表撮影)

 阪神・藤川球児投手が10日に行われた自身の引退試合・巨人戦(甲子園)終了後に記者会見に臨み、〝ライバル〟清原和博氏への思いを語った。

 引退セレモニーにVTR出演した清原氏は伝説のキ〇〇マ発言について言及。それに応える形で藤川も最後のスピーチの場で「あなたがいなければ僕は存在していません。僕を成長させてくれたのは清原さんとの対戦、存在です」と清原氏への感謝の言葉を並べた。

 試合後会見で藤川は「(発言について)自分は全然気にしてなかったのですが、キヨさんの発言が(大きく世間に)取りあげられて、そこまでの(つらい)気持ちにさせてしまったことが僕にとってもつらかった」とし「まさかあんなサプライズ(VTR出演)があるとは知らなかった。僕の方からもキヨさんに(メッセージを)返さなければならない」と思い、スピーチの場で〝応答〟することにしたと明かした。

「僕もそうですし、人生誰でも失敗する可能性はある。アメリカに行って感じたことは、そういうとこからの社会復帰とかは絶対にないとおかしいと。常々そう思っていたので、きょう初めてそれを言えた。みんなで支え合うように思わなければいけない」。様々な事情から、現在は球界と一定の距離を置かざるを得ない立場にいる伝説的強打者へ改めてエールを送った。

「誰でも必ず、人の支えが必要な時が来る。そういう時に周りに仲間がいてほしいなら、日頃から誰かのために時間を惜しまず時間を使った方がカッコいいかなと。自分はそうありたいと思っている。そのくらいキヨさんにはお世話になりました」と率直な胸中を明かした藤川。最後まで火の玉右腕の「らしさ」は健在だった。