広島・森下は今後の先発登板回避 最優秀防御率争うも…佐々岡監督「相当疲労がたまっている」

2020年11月07日 19時50分

広島・森下

 防御率でリーグ2位の広島・森下暢仁投手(23)が今季の残り2試合で先発しない方針であることが7日、明らかになった。佐々岡監督は「新人で1年間、投げて相当疲労がたまっている。10勝、防御率1点台にこだわりを持ちたいということだった。本人の気持ちも尊重した」と説明した。

 防御率1・91の森下は6回3分の1を自責点0に抑えれば1位の中日・大野雄を上回ることができる。しかし、大野雄も登板が可能とあって無理はさせないことを選択。ただし、今後も出場選手登録は抹消せず、ライバルの動向を見ながらブルペン待機する見込みだ。