中日ドラ2の日体大・森博人「好きでした」と告白したい意外な人物とは

2020年10月26日 21時22分

ドアラを手に笑顔の日体大・森

【2020ドラフト会議】最速155キロ、首都大学リーグ屈指の右腕・森博人投手(22=日体大)を2位指名したのは、自身の出身地で大ファンという中日だった。まさに相思相愛とあって「球場にも足を運んで、ずっと見ていた球団。そういった球団に指名していただいたことはうれしい」と人懐こい笑顔を見せた。

 そんな森の好きな選手は、意外にも、2000年の中日ドラフト1位指名ながらも、通算成績2勝に終わった右腕・中里篤史投手(現巨人スコアラー)だった。幼少期にナゴヤ球場での二軍戦観戦時に、負傷中でスタンドで見ていたという中里氏からサインをもらったことがきっかけだが「キレがあって伸びのあるストレート。(直球と)分かっていても打てないような球を投げるところがすごい」と、目標へと変わったという。

 今は敵軍のスコアラーという立場にいるが「(中里氏に)会ってみたいです」。そして好きな選手だったことを〝告白〟したいと語った。もちろん狙うは一軍定着と新人王だ。

【関連記事】