阪神・藤浪 球団最速162キロ! 圧巻の3者連続三振

2020年10月19日 22時02分

スコアボードに掲示された「162km/h」の表示

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が19日のヤクルト戦(甲子園)に1―1の7回から3番手で登板。自己最速を更新する球団最速の162キロをマークし、球場を沸かせた。この日対戦したのは7番からの下位打線だったこともあり、1回を堂々の3者連続三振に抑えてみせた。

 球界最速の日本ハム時代の大谷(現エンゼルス)がマークした165キロ。9月から中継ぎを任され、好救援が続いている状況で藤浪自身も「(任されるイニングが)短い方がリミッターが外れる」。シーズン終盤を迎えて、さらなる〝最速〟更新も期待できそうなムードだ。

【関連記事】