阪神・大山が巨人・岡本に並ぶ25号逆転アーチ「しっかり自分のスイングできた」

2020年10月11日 16時29分

25号2ランを放った大山

 阪神の大山悠輔内野手(25)が11日のDeNA戦(甲子園)で逆転の25号2ランを放ち、リーグトップの巨人岡本に並んだ。

 1点を追う5回一死一塁の場面で相手先発・上茶谷の6球目のスライダーを叩き、左中間席に突き刺した。

 5回までにDeNA打線に3本のソロを浴びるなど劣勢の流れだったが、負けじと一発で試合をひっくり返した。

 5日の巨人戦(甲子園)以来、5戦ぶりの価値ある一発を「追い込まれていた中でしっかり自分のスイングをすることができました」と振り返った。