貧打中日が巨人に完敗 村上打撃コーチ「本来のビシエドの姿ではない」

2020年09月27日 18時52分

9回、ようやく適時二塁打を放ったビシエド

 中日が貧打に泣き、27日の巨人戦(東京ドーム)に1―5で敗れた。これで対戦成績は8勝11敗2分けとなり、今季の巨人戦勝ち越しはなくなった。

 初回の攻防が全てだった。巨人先発・戸郷の立ち上がりを攻め、大島、京田の連打で無死一、二塁。だがこのチャンスにアルモンテ、ビシエド、高橋が揃って凡退。その裏、松原の先制適時三塁打などで2点を挙げた巨人に最後まで追いつくことはできなかった。

「見ての通り3、4、5番が打てなかったら点は入らない」という村上打撃コーチだが、特に心配なのはこの3連戦ヒット1本に終わった4番・ビシエドだ。「最後に1本(9回に適時打)打つことができたが、本来のビシエドの姿ではない。本人が一番痛感していると思う。責任感がとても強い選手なので打ちたい、打ちたいでボール球に手を出してしまい、自分を苦しめてしまっている。ボール球を振っているうちは状態は上がってこないと思う」と4番の現状に対しては厳しい見方をしている。

「少しずつボール球を見送れたり、兆しは見えてきているので何とか早くビシエド本来の姿に戻れるようにしたい」という村上打撃コーチだが、主砲のバットに快音が戻らない限り上位浮上は難しい。中日8年ぶりのAクラスはビシエドの復活にかかってきそうだ。