DeNAの新4番・佐野が待望1号「正直、ホッとしています」

2020年07月22日 19時06分

 ついに出た。DeNAの新4番・佐野が22日、ヤクルト戦(横浜)で今季1号ソロを放った。

 初回二死から、まずは3番・ロペスが左翼席へ14試合ぶりとなる先制の3号ソロ。続いて打席に立った主砲は追い込まれてから内角への5球目をすくい上げるようにして右翼スタンドぎりぎりに運んだ。

 ベンチに戻ると、マスク姿で目じりを下げたラミレス監督らと歓喜のひじタッチ。開幕28試合目となる今季初アーチに新主砲は「打ったのはチェンジアップです。やっと本塁打を打つことができ、正直ホッとしています。追い込まれていましたが、自分のスイングができました」と笑顔でコメントした。

 一方、新主砲とのアベックアーチの口火を切ったロペスも「1打席目から本塁打を打つことができうれしいです。追い込まれてましたが、ボールが見えていたので、しっかり捉えられました。ここ数試合結果が出ていたので、自信を持って打席に入ることができました」と真剣なまなざしで振り返っていた。