【2020ペナントレース大予想】宇野勝氏「忖度なしで投打揃った中日がセを制す」

2020年06月17日 18時06分

宇野勝氏

【2020ペナントレース大予想:宇野勝氏(本紙評論家)】セを制するのは中日とみた。何も私がOBだからというわけではない。過去の順位予想で中日の優勝を推したことは一度もないし、あくまで忖度なし。それぐらい今年は投打ともメンバーが揃っている。野手では大島、ビシエドが安定していて、高橋、京田もかなり成長した。平田は練習試合で精彩を欠いているが、公式戦になればきっちり結果を残すだろう。投手も誰を使うか迷うぐらい先発、救援とも充実しており、6連戦続きでも、やりくりは問題ないだろう。

 対抗は阪神。新外国人ボーアが軸となればとても怖い打線となる。もともと投手は揃っており、若手も育ってきている。優勝争いに十分絡めるメンバーだ。連覇を狙う巨人は打線が丸、坂本、岡本と強力ながら、投手陣に不安があり、今年は苦しみそうだ。