【2020ペナントレース大予想】加藤伸一氏「ソフトバンクに開幕遅れの恩恵。付け入る隙がない」

2020年06月17日 18時04分

加藤伸一氏

【2020ペナントレース大予想:加藤伸一氏(本紙評論家)】パはソフトバンクが戦力的にダントツだ。投手陣に一抹の不安もあったが、大幅に開幕が遅れたことで千賀に復帰のメドが立ち、高橋礼は間に合った。先発、中継ぎ、抑えのすべてで、故障者が出ても補えるだけの人材が揃っている。打線にしてもバレンティンの加入が柳田に好影響を与えているし、栗原のような新戦力も台頭してきた。もはや付け入る隙がない。

 優勝して当然の戦力が整っているのだから、スタートダッシュにこだわる必要もない。ベンチが余裕を持って戦えば、選手も期待に応えてくれるだろう。対抗馬はオフに積極的な戦力補強を行った楽天にした。就任1年目の三木監督に未知数な面はあるが、フロントの本気度は選手にも伝わっているはずだし、V争いに加わる可能性は高い。