オリックス・ドラ1宮城はU18でもいじられ役 “激似芸人”言い出しっぺは怪物男

2020年01月09日 16時30分

いじられキャラの宮城

 オリックスのルーキーの間でドラフト1位・宮城大弥投手(18=興南)がいじられキャラとなっている。8日、大阪市内の合宿所で新人合同自主トレがスタート。12人のルーキーがキャッチボールや体幹トレで汗を流し、宮城は「ふだんとは違うメニューをやってきつかった。隣で投げている前くん(18=津田学園)の方がキレがよかったし、中田くん(18=大阪桐蔭)も腕の振りがよかった。沖縄ではいいボールを投げる選手が何人かしかいないけど、ここに来たら隣が投げていて驚いた。負けないようにしたい」と気持ちを新たにした。

 沖縄なまりの朴訥とした雰囲気の宮城は早くも人気者だ。小学校時代からいじられ始め「自分は笑いを取りに行くつもりはないんですけど…。よくわからないです。自分から周りに突っ込んだことは一度もないです」とクビをかしげる。さらに見た目が“お笑い第7世代”として注目されているお笑いトリオ「四千頭身」の後藤拓実に激似ともっぱらで「よく言われます。こないだも中田くんに“宮城、テレビに出てるよ”と言われて見たら四千頭身だったので“俺じゃないよ”って…」とぼそぼそ話す口調も後藤っぽい。

 言い出しっぺはU18でともに日の丸を背負ったロッテの佐々木朗希(18=大船渡)らしく「最初に朗希くんに言われて、自分でも似てるなあと思った。そこから四千頭身も売れてきた。お互いに成功すればいいと思います」と照れ笑いを浮かべた。

 合宿所生活もルーキー同士で和気あいあいと過ごしており、紅林弘太郎内野手(17=駿河総合)も「宮城はみんなに愛されるキャラ。僕もいじられることがあるけど、あいつにはかないません。みんな仲良くやってます」とニンマリ。ムードは最高だ。