ソフトバンク育成入団2年目・大竹 「早稲田ルール」への反発

2019年05月30日 16時30分

2勝目を挙げた大竹

 ようやく報われた。ソフトバンクの2年目左腕・大竹耕太郎(23)が29日のオリックス戦(京セラドーム)で6回2失点と好投。3連敗で2位に転落したチームを一夜で首位に導き、約1か月ぶりの白星となる自身の2勝目に「やっぱり勝ちはうれしいですね」と笑顔を見せた。

 この日が今季9度目の先発でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)は8回。防御率2・07はリーグ4位で、いまや工藤監督から千賀の次に名前を挙げられるほど頼りにされている。侍ジャパン・稲葉監督にも「代表候補に入ってくる投手」と高評価と熱視線を送られる存在だ。

 2017年ドラフトでの指名は育成4位で「原動力は反骨心。見返したい一心で投げている」。名門・早大出身。学内、球界内には「プロ入りはドラフト3位以上」という“暗黙のルール”がある。育成入団はもってのほか。早大↓育成入団は大竹が2例目で「ドラフト当日まで反対の声がほとんどだった」と左腕は振り返る。OBたちからは「恥ずかしい」とまで言われた。長い伝統とプロで足跡を残したOBを抱える早大野球部のプライドと送り出す側の親心もあったとはいえ、大竹の中には「自分の進路は何からも影響されるものではない」という確固たる思いがあった。

「プロ志望がありながら別の道を歩んだ先輩方もいる。でも僕は、それは違うと思った。同時に、絶対に失敗できないという覚悟もできた」。1年目の昨季は二軍で8勝0敗、防御率1・87の好成績を残して7月末に支配下登録をゲット。8月1日の西武戦で育成出身の新人では史上初の初登板初先発初勝利を挙げるなど3勝した。反骨心を胸に下克上ロードを歩む2年目左腕は「(入団の)経緯を考えれば、まだまだです」と目をギラつかせている。