【センバツ】大阪桐蔭 昨夏甲子園で敗れた近江下し〝リベンジV〟 星子主将「あの試合が原点」

2022年03月31日 18時03分

優勝を決めてマウンドに集まる大阪桐蔭ナイン(東スポWeb)
優勝を決めてマウンドに集まる大阪桐蔭ナイン(東スポWeb)

 原点に立ち返り、紫紺の優勝旗を手にした。第94回選抜高校野球大会(甲子園)は31日に決勝戦を迎え、大阪桐蔭が近江を18―1で下し、4年ぶり4度目の優勝を果たした。

 序盤から怒とうの攻撃をみせた。2点リードの3回に松尾汐恩(3年)の2ラン、田井志門(3年)もソロを放って3点を追加。この回途中で相手エース・山田を降板させ、その後も攻撃の手を緩めず終わってみれば、4本塁打を含む16安打18得点でねじ伏せた。投げても先発左腕・前田悠伍(2年)が7回を2安打1失点の好投。投打で近江を圧倒し、頂点に立った。

 今大会の通算本塁打数は11本。清原和博、桑田真澄を擁した1984年のPL学園の8本を超え、大会記録を大きく塗り替える「V」となった。

 試合後の西谷浩一監督(52)は春夏合わせて9度目の日本一達成に安どの表情を見せながらも「いいチームであることは間違いないが、特にバッティングのほうがこれだけ打てるとは思っていなかった。大会を通じても成長し続ける選手たちにびっくりしている」と総括した。

 昨年夏の甲子園で旧チームは近江に逆転負けを喫し、2回戦敗退。先輩たちの無念を晴らそうと、ここまで星子天真主将(3年)を筆頭に新チームは猛練習を積み上げてきた。全体のウエートトレーニングの量を増やし、打撃面ではロングティーのメニューも多く組み込んで「振る力」を強化。星子は「自分たちはあの(昨夏に近江に敗れた)試合が原点。先輩たちの穴を埋め、泥臭くやろうという思いで打つにしても投げるにしても取り組んできた。まだまだ技術的に先輩たちには及ばないが、いい報告ができると思っています」と胸を張った。

 昨秋大阪大会から、近畿大会、神宮大会を経て負けなしの20連勝。指揮官いわく「発展途上」のチームは今後も白星街道をまい進しそうだ。

関連タグ: