世界最大のプロレス団体「WWE」(米国)は30日(日本時間31日)に公式ホームページで、76歳で急死した元プロレスラーのキラー・カーンさんこと小沢正志さんを追悼した。

 小沢さんは29日に自身が経営する都内の飲食店で倒れ緊急搬送され、動脈破裂で死去。WWEは「スポーツエンターテインメントファンにキラー・カーンとして知られる小沢正志さんが76歳で亡くなったことを知り、悲しんでいる」と哀悼の意を表した。

 1971年に日本プロレスでデビューした小沢さんは、73年に故アントニオ猪木さん率いる新日本プロレスに移籍。79年から「キラー・カーン」となり、日米マットで活躍した。80年からはWWF(現WWE)に登場。〝格闘技の聖地〟ことニューヨークのマジソンスクエア・ガーデンでWWFヘビー級王座戦に出場、大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントの足を折って大抗争を繰り広げるなど、悪党レスラーとして存在感を高めた。

 WWEも「日本生まれのこの選手は、リング上で堂々たる存在感を示し、ボブ・バックランド、ペドロ・モラレス、アンドレ・ザ・ジャイアント、ハルク・ホーガンなどのレジェンドたちとの記憶に残るライバル関係でキャリアを彩った」と団体での活躍を紹介。「ミスター・フジをマネジャーとしてWWEに一時復帰した後、キラー・カーンはスポーツエンターテインメントから引退した。リングでのキャリアの後、小沢は東京でレストランを経営していた」と、87年11月に引退した後の動向もWWEユニバース(ファン)に伝えた。

 80年代のWWEマットを彩った〝蒙古の怪人〟の急死。世界中のプロレスファンもSNSで、「天国で今ごろアンドレ・ザ・ジャイアントに会っていることを願う」「リング上の激しさからリング外のカリスマ性まで、彼はプロレス界に消えない足跡を残した」「キラー・カーンがホーガンに毒霧噴射したことは忘れない」「レジェンドよ、安らかに」などと追悼し、悲しみの声が広がっている。