陸上女子の不破聖衣来(3年=拓大)に、復調の気配が漂っている。

 8月ごろからケガの治療や体づくりに注力していた不破だが、4日に同大・文京キャンパスで行われた富士山女子駅伝(30日、富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場、7区間43・4キロ)の壮行会に出席。「11月ぐらいから少しずつ走る練習とかを再開した。今は1か月ぐらい練習を積んでいる感じです」と明かした。

 練習の強度はまだ低め。「ジョグとか、少し速いペース走ぐらい」というが、徐々に練習量を増やしていく方針。「まずは富士山女子駅伝に向けて、今は合わせていきたいなと考えています」とし、区間配置については「自分的には長い距離の方がいいなと思っています」と展望を語った。

 そんな不破が掲げる最大の個人目標は、2024年パリ五輪1万メートルでの代表入りだ。年明けに海外でのレースに参戦する予定で「12月の日本選手権には出られないが、記録を狙うチャンスはたくさんある。そこで五輪に選ばれるような記録を残して、個人では五輪に出られるようにするのが一番の目標」ときっぱり。完全復活へ、焦らず歩みを進めていく。