巨人の岸田行倫捕手(27)が29日、550万円増の2150万円で契約を更改した。 

 今季は第2捕手として46試合に出場。6月30日の阪神戦(東京ドーム)では同点の延長10回二死から右中間スタンドへ代打サヨナラ本塁打を放った。「試合に出るからにはもっともっと打ちたいですし、守備の面でもまだまだ全体的にレベルアップしないといけない」と前を向いた。

 正捕手の大城卓がセ・リーグのベストナインに輝いた。そのカベは高いが、背番号27は「大城さんが主に試合に出ることが多いんですけど、その中でスタメンの数をもっと増やしたいなというか、いきなり100試合とか言ってもたぶん厳しいところがあると思うので、まずは50試合、その中で少しずつ増やしていけたら」と目標を設定した。(金額は推定)