結果よりも、その〝負け方〟に深刻な危機感が広がっている。オリックスから国内FA権を行使して6球団による大争奪戦に発展していた山崎福也投手(31)の日本ハム入団が正式決定。4年総額12億円超という好条件を提示し、他球団を圧倒したソフトバンクに吉報は届かなかった。育成と的確補強の両輪で常勝復活を目指すホークスにあって、見過ごすことができない敗北…。その要因は一体どこにあったのか――。

 今季11勝を挙げた左腕・山崎福を巡っては、ソフトバンクだけでなく、残留を求める古巣オリックス、ヤクルト、DeNA、巨人がラブコールを送っていた。セ・リーグ3球団はいずれも指揮官が交渉の席につく熱の入れよう。先発再建が最優先課題のホークスも、山崎福サイドに条件を上積みするなど精いっぱいの熱意をぶつけていた。

 球界内では、早くからソフトバンクが他球団の後塵を拝しているという見立ては強かった。確かに条件面は群を抜いていたが、端的にそれしか武器がなかったからだ。山崎福は代理人に任せるのではなく、自ら各球団との交渉の席につき続けた。筋の通った野球人だけに、球界内ではこんな声が漏れ伝わっていた。

「(ソフトバンクは)〝お金じゃない〟部分のアピール要素が少ない球団。〝ピュア〟な山崎が真正面から出てきて、良くも悪くも交渉のプロである代理人の意向が働きにくい状況…。ある程度、結果が読める戦況ではあった」

 チーム内にも少なからず正確な戦況情報は入っていたが、一部では「交渉過程で手応えをつかんでいる」との情報も錯綜。〝負け戦〟を読み切れなかった事態が、球団内では重く受け止められている。

 さらに、危機感に拍車をかけているのは、北海道に本拠を置く同一リーグの日本ハムに屈したこと。読み筋に狂いが生じていた可能性が否定できないのだ。かつて山崎福の父・章弘さんが選手、コーチとして在籍した球団で、オリックス時代にコンビを組むことが多かった捕手の伏見(昨オフFA加入)ら先輩の存在など要因があるにはあった。それでも家庭を持つ身である山崎福に対し、鷹陣営としては「地縁」の浅さを言い訳にはできない敗北。フロント内部からも「関東圏が希望なら仕方ない」という受け止めがあっただけに、よもやの北海道行きにショックは大きかった。

 3年連続V逸で「常勝」のブランドは今は昔。選手に何を訴え、何が心に響くのか。そんな中で球団はメジャーを標ぼうして四軍制をいち早く敷き、データサイエンスへの取り組みを強化するなど新たな挑戦をスタートさせている。しかし、選手が魅力を感じる強みを〝発掘〟することは、対外的にも急務な状況。鷹が山崎争奪戦で負った傷は、思いのほか深い。(金額は推定)