米女子ゴルフの今季ツアー最終戦「CMEツアー選手権」2日目(17日=日本時間18日、フロリダ州のティブロンGCゴールドコース=パー72)、畑岡奈紗(24=アビームコンサルティング)は7バーディー、2ボギーと67のラウンドで通算14アンダーと首位の座をキープした。

 今大会は優勝賞金200万ドル(約3億円)がかかる戦いとあって、畑岡の奮闘が期待されている一方、ファンたちから注目されているのが、強い日差しを防ぐために着用するサングラスだ。かねて有名メーカー「オークリー」の製品を使用しており、今季も同社のサングラスをかけているようだが、SNSやネット上では賛否両論が出ている。

 少し男性的なデザインで目が確認できるほど薄い色のサングラスについて「畑岡さんのこのサングラスかっこいいし似合っているなー」「畑岡さんのサングラス、ぜひ使ってみたい」など好意的な意見とともに「畑岡さん、サングラスを変えた方がより美人になります」「他の人も言っているが、サングラスをもっとオシャレなのにしないと…」との声が書き込まれていた。

 賞金ランキング13位の畑岡が最終戦に勝てば、他のランク上位勢の結果次第ながら賞金女王の可能性もある。サングラス効果で勝利なるか。