さらにタフになってシーズンを戦う。広島の新井貴浩監督(45)が、19日に和歌山県伊都郡の「高野山 別格本山 清浄心院」で護摩行に臨んだ。現役時代の2004年から始めた護摩行は引退後も続けており、今年が20年目にあたる。

「苦しさを知っている分、やる前は今でも怖い」と言うが、お経を唱えながら目前で燃え盛る炎とひたすらに向き合う。釜に木のお札がくべられると、火柱はさらに高くなる。指揮官は顔をゆがめ、大粒の汗をかきながらも決して顔はそらさなかった。

「広島優勝、心願成就」と声を張り上げた。護摩木が約2000本投入された護摩行は約1時間半にも及んだ。池口恵観大僧正(86)は「(昨年は)1500、1600本。監督なので特別に。大変だったんじゃないかなと思う」と話した。

 護摩行は「何回やらせていただいても苦しい行。20年目の今も一緒」(新井監督)というが「精神的には間違いなくタフになっている」とも実感している。今年、熱風を浴びながら願ったのは選手のことだ。

「選手を思いながら。全員元気でグラウンドを暴れ回ってほしい」

 池口大僧正から「どんな苦難でも乗り越えていく」という意味で「勇猛(ゆうみょう)精進」の言葉を授けられた。監督になってから初めての護摩行。新井監督は「やり終わった後は心がグッと引き締まる」と表情を明るくした。

 2月からは春季キャンプ、3月末にはいよいよシーズン開幕だ。「その日その日にできる精いっぱいのことの積み重ねだと思う。一日一日を大切にして、カープのために、選手のために心と体をフル回転してやっていきたい」と決意を新たにしていた。