イタリア代表DFボヌッチ W杯予選敗退後の “汚部屋” を謝罪「大きな間違いだった」

2022年03月29日 18時46分

イタリア代表DFのボヌッチ(ロイター)
イタリア代表DFのボヌッチ(ロイター)

 2大会連続でW杯出場を逃したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(34=ユベントス)が、ロッカールームの〝惨状〟を謝罪した。

 イタリアはホーム開催のカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝(24日=日本時間25日)で北マケドニアに0―1で敗れ、まさかの予選敗退となった。昨夏の欧州選手権を制したチームがW杯を逃して波紋が広がる中、SNSなどに投稿された試合後のロッカールームの様子までも批判の対象となっている。食べ残しや飲み物の空きボトル、そしてタバコの吸い殻まで落ちており、散らかり放題なのだ。

 英紙「サン」によると、トルコ戦(29日)の前日会見に出席したボヌッチは「大きな間違いだった。謝罪したい。次回はもっと注意しないといけない。とても失望していたし、そこまで考えが及ばなかった」と反省。イタリア代表のパオロ・コルビ広報部長は「我々が過小評価していた側面であり、パレルモ・カルチョ(施設管理側)にはすでに謝罪している」としたが、「私たちが去った時の状態は、ビデオに映っていたものとは違っていた」と一部のSNS拡散情報を否定した。

関連タグ: