神戸・イニエスタ 今季初タイトルに喜びつつ「PK戦は少しクレージーな展開」

2020年02月08日 18時36分

優勝カップを手に喜ぶイニエスタ

 Jリーグの新シーズン開幕を告げる「富士ゼロックススーパーカップ」が8日、埼玉スタジアムで行われ、昨季の天皇杯覇者・J1神戸と昨季のJ1王者・横浜Mが激突。3―3のまま決着がつかず、PK戦(3―2)の末、神戸が今季初タイトルを獲得した。

 PK戦はMFアンドレス・イニエスタ(35=神戸)ら2人目までは順当に決めたが、3人目から9人連続で失敗する珍事が起きた。最後は元日本代表MF山口蛍(29=神戸)が決めて決着がついた。イニエスタは「PK戦は少しクレージーな展開になったけど、勝ててよかった」と勝利を喜んだ。