【富士ゼロックススーパーカップ】横浜M・仲川「是か非でも取りに行きたい」

2020年02月07日 13時39分

大車輪の活躍が期待される仲川

 J1横浜Mは7日、今季初戦となる富士ゼロックススーパーカップ(8日、埼玉スタジアム)の神戸戦を前に、横浜市内で最終調整を行った。

 昨季のJリーグを制した横浜Mは、MF水沼宏太(29)やFWオナイウ阿道(24)らの補強に成功。得点王に輝いたFW仲川輝人(27)を筆頭とする攻撃陣に厚みが増した。

 今季はチームの目標として5冠(J1、ルヴァンカップ、天皇杯、アジアチャンピオンズリーグ、富士ゼロックススーパーカップ)を掲げており、アンジェ・ポステコグルー監督(54)は「ケガ人もなく、この4週間、2つのキャンプもしっかりできたと思いますし、本当にいい状態でこの時期を迎えられている」と手応えを口にした。

 大車輪の活躍が期待される仲川は「非常に大きな価値のある大会。ここでタイトルを取れるか、取れないかで今後の流れというか、勢いを作れると思うので、明日是か非でも取りに行きたい」と闘志を燃やす。神戸の印象については「守備が安定している」と話すが「自分たちは前からボールを取りに行きますし、そこで取ったら素早い攻撃でフィニッシュまで行ければチャンスはある」と意気込みを見せた。

 タイトル総ナメに向けて、Jリーグ王者がスタートダッシュをきっちり決める。