【スターダム】ワンダー王者・中野たむV4 岩谷麻優と激闘ドローで再戦の誓い

2021年10月09日 19時35分

岩谷(左)をスープレックスで投げる中野たむ(東スポWeb)
岩谷(左)をスープレックスで投げる中野たむ(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」9日の大阪城ホール大会で、ワンダー王者の中野たむが岩谷麻優(28)と激闘の末、時間切れ引き分けでV4に成功した。

 試合は両者の意地がぶつかる死闘となった。序盤から激しくやりあい、中野がジャーマンスープレックス4連発でぶん投げたかと思えば、岩谷も3発の月面水爆で応戦。共に場外で大の字になりカウント19ギリギリで戻るなど激しい削り合いの末、あっという間の30分で時間切れ引き分けとなった。

 試合後、中野はリング上で仰向けになったままマイクを持つと「岩谷麻優! 私はアンタを超えるためにここまで来た。それなのに、どうして…」と悔し涙。さらに「絶対決着をつけてやる。あなたをめちゃくちゃにできるのは私だけだ」。これに岩谷も「たむが麻優をボコボコにできるなら麻優はたむをボコボコにする」とこれに応じ、再戦を誓い合った。

 するとその後、岩谷がリングを降りてからウナギ・サヤカがリングインし次期挑戦者に名乗り。自ら率いる「コズミック・エンジェル」のメンバーからの表明を受け入れ、V4戦での激突が決定的となった。

関連タグ:

ピックアップ