【新日VSノア】第0試合で第3世代トリオがファンキー軍に完勝「まだまだお前たちに負けたくないし、負けられない」

2022年01月08日 17時51分

ノア・ファンキー軍に勝利した新日・第3世代トリオ
ノア・ファンキー軍に勝利した新日・第3世代トリオ

 新日本プロレスとプロレスリング・ノアの対抗戦が8日の横浜アリーナ大会で行われ、第0―2試合で新日本の第3世代トリオ(永田裕志、小島聡、天山広吉)がノアのファンキーエクスプレス(キング・タニー、モハメドヨネ、齋藤彰俊)に勝ち、新日本に対抗戦最初の白星をもたらした。

 ゴングと共に飛び出した永田は齋藤と激しく激突。蹴りの打ち合いで戦いを幕開けさせると、6人のベテランは一進一退の攻防で観客を沸かせた。終盤、小島がタニーとの一騎打ち。チョークスラムなどで追い込まれたが、走り込んできたタニーにカウンターのラリアートを叩き込んで3カウントを奪った。

 勝った小島は「(相手の3人は)キャリアもそれなりに積んでいていい選手だと思う。だけど、天山、小島、永田は1人30年のキャリア。これはただ30年やっていただけのキャリアじゃないんだ。俺たちはこの30年の間にいろんなことを経験してんだ。だからまだまだお前たちに負けたくないし、負けられないし」。対抗戦初勝利をもたらして健在ぶりをアピールしたベテラントリオに今年も注目だ。

関連タグ: