ライガーが占う1・5東京ドーム「SANADA vs オーカーン…隠れたメインイベントだと思ってますよ」

2022年01月04日 07時00分

前哨戦でも激しい攻防を見せたSANADA(左)とオーカーン(新日本プロレス提供)
前哨戦でも激しい攻防を見せたSANADA(左)とオーカーン(新日本プロレス提供)

 獣神サンダー・ライガーが気になる話題やプロレス観を語る「獣神激論」。新日本プロレス旗揚げ50周年の幕開けとなる1月4、5日東京ドーム大会直前企画として5回にわたって送ってきた連載の最終回。5日大会のスペシャルシングルマッチに大注目するライガーは〝あの試合〟を今大会の隠れメインイベントに挙げた。

【世界のレジェンド ライガーが語る獣神激論・特別編(最終回)】1月5日東京ドーム大会の注目の試合として内藤哲也選手とジェフ・コブ選手、SANADA選手とグレート―O―カーン選手の2つのシングルマッチが組まれました。これは両方とも面白い試合だなと思ったね。

 あのコブ選手の体力、スープレックスを内藤選手がどうかわしていくのかなって。その上で内藤選手がコブ選手にどう技を仕掛けていくのか。とにかくデカいし厚みもあるし、下手に組んでいったら投げられちゃうからね。どういう過程でデスティーノに持っていくのか。見どころが非常に多いよね。コブ選手は(マイケル)エルガン選手に似ている、と内藤選手は言ってるけど、体幹の強さ、スープレックスは格段にコブ選手の方が上だと思うな。

 内藤選手としてはG1クライマックスでもワールドタッグリーグでも悔しい思いをして、ここで「内藤ここにあり」を見せないといけないからね。両方のリーグ戦とも、あの結果は本人は計算外だったと思う。彼がそこに神経質になっているかまでは分からないけど、どう調整してくるのか注目ですよね。コブ選手も内藤選手に勝てばまた一気に存在感が大きくなるし、今後の新日本を占う大きな一戦になると思う。

 SANADA選手とオーカーン選手は、これ意外とすごくいい試合だと思う。オーカーン選手はザック・セイバーJr.選手とG1の公式戦ですごい試合したでしょ。ロープに全然振らない、きっちりしたレスリングの試合。そこはSANADA選手も得意分野だもん。負けられないって思ってるはずだよ。2人ともそういう試合してきてるし、シングルになったらどうなるのかは楽しみだよね。

 オーカーン選手はプロレス大賞で技能賞ももらったでしょ。やっぱりザック選手の試合が選考委員の皆さんに響いたんじゃないかな。異論なしどころか、よくぞオーカーン選手の名前を挙げてくれましたって。彼のいでたちに騙されちゃダメだよね。しっかりしたもの持ってるから。もちろんSANADA選手だって技能という面では業界トップクラスなわけじゃん。個人的にはこの試合が隠れたメインイベントだと思ってますよ。

関連タグ: