【新日本・G1】YOSHI―HASHIがチェーズから3勝目 早くもワールドタッグリーグに照準

2021年10月20日 19時09分

チェーズ(左)を攻めるYOSHI―HASHI(東スポWeb)
チェーズ(左)を攻めるYOSHI―HASHI(東スポWeb)

 新日本プロレス20日日本武道館大会「G1クライマックス」Bブロック公式戦で、YOSHI―HASHI(39)がチェーズ・オーエンズ(31)を下し3勝目を挙げた。

 ともに2勝6敗同士の公式戦。負ければブロック最下位が決まってしまう一戦で、YOSHI―HASHIが意地を見せた。Cトリガー(ニーアタック)からパッケージドライバーを狙われたが、これを間一髪で阻止。追撃のCトリガーにカウンターのトラースキックで形勢逆転に成功する。

 さらにラリアートを狙ったチェーズを逆に首折り弾で迎撃。最後は必殺のカルマ(変型ドライバー)でテキサスヘビー級王者を沈めてみせた。

 最後に意地を見せてリーグ戦を終えたYOSHI―HASHIは「結構前から優勝なんか可能性ないけど、それでも俺はいまNEVER6人タッグのベルトを持っているし、次につながる勝ちを取っていかないとここで終わっちゃうから。このベルトだけじゃなくて他に俺は欲しいベルトがあるから」とキッパリ。気持ちを切り替え前を向いた。「次の照準をワールドタッグに合わせて、タッグのベルトは何回か挑戦したけど奪取できなかったから、今回こそ次のタッグリーグを制して、ベルトをいただきたいと思います」と、タッグ戦線出撃へ闘志を燃やしていた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ