【新日本・G1】KENTA ザック破り5勝目「TikTokやってる女にロクなヤツはいない」

2021年10月09日 20時50分

解説席のデスペラードの前で、ザック(右)を「子ども扱い」するKENTA
解説席のデスペラードの前で、ザック(右)を「子ども扱い」するKENTA

 新日本プロレス9日大阪大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、KENTA(40)がザック・セイバーJr.(34)を撃破し、5勝目を挙げた。

 ここまでブロックで唯一の1敗を守ってきたザックの関節技地獄に大苦戦を強いられた。GAME OVERを狙ったKENTAは目まぐるしいグラウンドの攻防から、クラーキーキャットに捕らえられる。ブサイクの膝蹴りで反撃に転じると、今度はヒールホールドにつかまり、両手両足を痛めつけられる。

 張り手のラッシュから逆転を狙ったgo2sleepもキャッチされ、アンクルホールドに捕獲されたKENTAだったが、ギブアップは断固拒否。強引に切り返してザックの体を金具むき出しのコーナーに叩きつけると、そのまま一気にgo2sleepにつなげて逆転勝利を収めてみせた。

 ノア時代からザックを知るKENTAはわざとブロークンで「ニーがペインだよ。ニー・ペイン・ベリーマッチ」と語り始めると「お前は今でもヤングボーイだ。まだまだ俺のレベルには到底届いていないんだ。分かってるんだろうな」と流暢な英語で挑発した。

 次戦(13日、仙台)のタンガ・ロアとのバレットクラブ同門対決に向けては「他のガイジンもそうだけど、俺はリスペクトしてるよ。海外の行き来が難しい中でああやって新日本での戦いを選んで来て。俺はあいつらの気持ち分かるから、リスペクトを込めてやりたいと思う」と腕をぶした。

 さらにKENTAはSNS上で論争を繰り広げたエル・デスペラードに対しても言及。「生意気なこと言ってんじゃねえよ。お前のツイート見たよ。ほんで怒り狂って、眠れなくなったからツイキャス? だせえな、お前。女子かよ! 男だったら寝ろよ。意地でも」と言い放つと「結局俺が何を言いたいかっていうと、TikTokやってる女にロクなヤツはいないってこと」と唐突に結論づけた。

関連タグ:

ピックアップ