【新日本・G1】EVIL ベルト殴打でUS王者・棚橋に引導「テメエはもう顔じゃねえ」

2021年10月09日 06時15分

場外で棚橋をいたぶるEVIL
場外で棚橋をいたぶるEVIL

 新日本プロレス8日高知大会「G1クライマックス」Bブロック公式戦で、EVILがIWGP・USヘビー級王者の棚橋弘至(44)から5勝目を挙げた。

 バレットクラブ内の新チーム「ハウス・オブ・トーチャー」を率いるEVILは、この日もセコンドにディック東郷を従えて登場。要所要所で試合に介入させ、棚橋のペースを乱していった。

 スリングブレイドから背中へのハイフライフローを浴び、テキサスクローバーホールドに捕獲されると、場外から東郷がレフェリーを引きずりおろし、リング上を無法地帯に。東郷がEVIL(変型大外刈り)で除外されると見るや、すかさず急所蹴りを見舞ってダメージを与えていく。

 さらに棚橋がスリングブレイドを狙ったところでレフェリーを突き飛ばし、またも無法状態を作り出す。ダークネスフォールズでマットに叩きつけたEVILは、棚橋のUSベルトを奪って殴打。グロッギー状態の相手に容赦ないEVILをさく裂させて3カウントを奪った。

 Bブロックは開幕から無傷の6連勝を飾ったオカダ・カズチカとジェフ・コブの2人を、EVILが1敗で追走する展開。突破争いは早くもこの3人に絞られた。ダーティーファイトでUS王者・棚橋を敗退に追い込んだ暗黒王は「オイ棚橋、悔しいか? これが現実だバカヤロー! いいかオイ、これが新日本のエースと、キング・オブ・ダークネスの実力差だ。テメエはもう顔じゃねえんだよ。よく分かったか、覚えとけ」と勝ち誇っていた。

関連タグ:

ピックアップ