【新日本】G1出場選手発表 オーカーン初出場もNEVER王者のジェイ、オスプレイらは不参加

2021年09月05日 17時03分

G1初出場のグレート-O-カーン

 新日本プロレスは5日、最高峰のシングルリーグ戦「G1クライマックス31」(18日、大阪大会で開幕)の出場全20選手とブロック分けを発表した。

「真夏の祭典」として定着しているG1だが、東京五輪開催延期の影響により、昨年に引き続き秋開催となる。出場全20選手がA、Bブロックに振り分けられ、各ブロックの1位が10月21日日本武道館大会で優勝決定戦を行う。

 出場選手とブロック分けは以下の通り

【Aブロック】
 飯伏幸太、石井智宏、矢野通、鷹木信悟、内藤哲也、ザック・セイバーJr.、グレート―O―カーン、KENTA、タンガ・ロア、高橋裕二郎

【Bブロック】
 棚橋弘至、オカダ・カズチカ、後藤洋央紀、YOSHI―HASHI、SANADA、タイチ、ジェフ・コブ、EVIL、タマ・トンガ、チェーズ・オーエンズ

 初出場はオーカーンとオーエンズ、タンガの3選手で、タマは18年大会以来3年ぶりの出場。一方で昨年大会に出場した現NEVER無差別級王者ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイ、ジュース・ロビンソン、鈴木みのるは不参戦となった。

関連タグ: