スターダムのウナギ・サヤカがガンプロマットに登場 「まなせゆうなに負けたことだけが黒歴史」

2022年05月27日 11時29分

にらみ合う「スターダム」のウナギ・サヤカ(右)と、まなせゆうな
にらみ合う「スターダム」のウナギ・サヤカ(右)と、まなせゆうな

 26日のガンバレ☆プロレス新木場大会に「スターダム」のウナギ・サヤカが登場し、7月10日の東京・大田区総合体育館大会参戦が電撃決定した。

 突然の出来事だった。会場に姿を現したウナギは、ガンプロの若手、YuuRIを鉄柱に叩きつけてリングジャック。マイクを握るや、まなせゆうなに向かって「ゆうなさん、覚えてますか? 私の初めてのシングルの相手でした。いっぱいシングルしてますけど、まなせゆうなに負けたことだけが黒歴史です」と言い放った。

 さらに「ガンバレ☆プロレスに来てからラストランとか言ってるし、ワーワー叫んでいる割には気持ちもだいぶ弱いように思うし、弱い犬ほどよくほえますよね? いや、豚だった」と挑発的な言葉を並べた。

 これにYuuRIが食ってかかると、この勢いを買ったウナギは「NEW BLOODに出してやってもいい」と、スターダムの若手主体興行への出場を提案。YuuRIも「もちろん出てやるよ!」と受諾した。

 さらにウナギが「最後に一つだけ。頑張るだけでプロレスなんかできねえぞ」と口にすると、これにキレたまなせが殴りかかって乱闘に。春日萌花、HARUKAZE、YuuRIが必死に分ける中、ウナギは「いい目してるじゃないですか。私、シングルの準備いつでもできているんで。査定してやる」と言い残しリングを後にした。

 バックステージでは「ラストランに向かっている相手とテッペンを目指す女、どっちが強いのか決着をつけてやりたいと思います。頑張るだけじゃ、プロレスは絶対にできない」とコメント。

 怒り心頭のまなせは大会終了後に大家健代表に「今すぐカードを組んでくれ!」と訴え、一夜明けた27日に7月10日大田区大会でのシングルマッチが決定した。

関連タグ: