【東京女子】SKE48荒井優希 前王者・辰巳リカとシングル「私の中で何かが変わる」

2021年11月19日 19時59分

左から辰巳リカ、荒井優希(東スポWeb)
左から辰巳リカ、荒井優希(東スポWeb)

 東京女子プロレスで活躍するアイドルグループ「SKE48」の荒井優希(23)が、上位勢との一戦で変貌を遂げる。

 辰巳リカとのシングル戦(25日、東京・後楽園ホール)に向け「久しぶりのシングルマッチですごく緊張するんですが、強い先輩とシングルができるなんてそんなにないと思う。楽しみでもありますし、しっかり自分の中に経験として刻みたい。今までやってきた成長をぶつけて、皆さんにビックリしていただける試合になれば」と意気込みを語った。

 これまでシングルは3試合を経験したが、前プリンセス王者である辰巳は最強の相手といえる。しかも荒井のデビュー戦となった5月3日後楽園大会で、プリンセス王者としてメインを務めたのが辰巳だった。

 荒井は「キラキラしていた。こんなにかっこいい方がいるんだと目を奪われたのも事実。そんな方と試合ができるということで、私の中で何か変わる気がしています」と対戦を心待ちにする。

「キャリアもあって技もできて、今までの先輩よりもすごい先輩だと理解していて怖い部分もあるけど、その分吸収できる部分もあるのでわくわくしています」。爪痕を残せるか注目だ。

関連タグ:
 

ピックアップ