プロ野球オールスター視聴率 北部九州と広島で2日連続20%超え

2022年07月28日 12時09分

佐々木朗希の登板も注目された(東スポWeb)
佐々木朗希の登板も注目された(東スポWeb)

 テレビ朝日系列で27日に放送されたプロ野球「マイナビオールスター2022」第2戦(午後6時30分~)の平均世帯視聴率は関東地区で9・3%だった。北部九州地区は20・9%、広島地区は20・3%で両地区では26日の第1戦(北部九州地区22・1%、広島地区で22・4%)に続いて2日連続の20%超えとなった。

 松山坊っちゃんスタジアムで行われたオールスター第2戦は床田(広島)と佐々木朗(ロッテ)が先発し、佐々木朗は2014年の大谷(日本ハム)に並ぶ日本選手最速の162キロをマーク。試合はパ・リーグが2―1で勝ち、MVPには決勝本塁打を放った柳田(ソフトバンク)が選ばれた。

 プロ野球チームの本拠地がある各地域の平均世帯視聴率は以下の通り。

 関東地区 9・3%
 関西地区 14・8%
 名古屋地区 10・0%
 札幌地区 18・5%
 仙台地区 14・1%
 広島地区 20・3%
 北部九州地区 20・9%(ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: