【広島】秋山翔吾が佐々岡監督に投げかけた一軍合流メド「言われたら逆算します」

2022年07月02日 19時59分

秋山翔吾(東スポWeb)
秋山翔吾(東スポWeb)

 指揮官へのメッセージは自信の表れかもしれない。広島の秋山翔吾外野手(34)が、日本球界復帰戦で格の違いを見せつけた。2日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)に「3番・左翼」で先発出場。初回に先制二塁打を放ち、3回は内容のある四球で貫録を示した。この日は2打席に立ち、5回の守備から交代。「鯉の秋山」デビュー戦を見守るため、はるばる由宇に駆けつけた1160人の鯉党を大いに沸かせた。

「第1段階としてはよかった」と語る姿には、確かな手応えをつかんだ様子がうかがえた。実戦から離れていた中で、内容ある2打席だった。第1打席のファーストスイングで左中間深くへの長打。続く打席ではフルカウントから外角の変化球を打ちにいきながらも最後はバットをしっかり止めて選んだ四球だった。二軍戦とは言え、価値ある2出塁に本人も周囲も納得感があったはずだ。

 秋山はカープが古巣の西武とソフトバンクとの争奪戦を制して、一軍の「絶対戦力」として迎え入れた選手だ。気になるのは首脳陣が秋山に一任している昇格タイミング。これについて秋山はこの日、明確な意思を示した。「もし、なるべく早くとかではなくて『あそこで合流してくれ』と言われたら逆算します。シーズンオフではないので向こう(一軍)の試合数が減っていくので、今年もちゃんとやらないといけない。もし監督からそういう言葉があれば、もっとペースアップする。むしろ指示があれば、そっちの方でもいいです」。鯉の一員としての使命感を漂わせると同時に、その言葉には「将の命」を受ければいつでもいけるという自信が垣間見えた。

 デビュー戦直後に飛び出した佐々岡監督への一軍合流目安の設定要望――。もちろん首脳陣の親心も理解している。その上で示した気概。これほどチームにとって頼もしいアクションはない。

関連タグ: