中日ドラ4・味谷大誠が入寮 自慢の強肩&打撃で「1年目から遠慮せずに勝負したい」

2022年01月10日 23時07分

特製Tシャツと寄せ書きを持って入寮した中日・味谷(球団提供)
特製Tシャツと寄せ書きを持って入寮した中日・味谷(球団提供)

 中日のドラフト4位・味谷(みや)大誠捕手(18=花咲徳栄)が10日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」に入寮した。「寮に入って一層、気持ちが引き締まりました。ここからスタートをしっかり切らないといけない」と意気込む。

 持ち込んだのは中学時代に所属した地元大阪の和泉ボーイズのチームメート13選手と監督の笑顔がプリントされた特製Tシャツと中学と高校時代の寄せ書き。「疲れたときにそれを見て活力にしたい。見ると笑顔になるし、それをいつか着て練習したい」と笑顔で語る。

 春季キャンプでの振り分けは未定だが、目標を聞かれると「1日でもいいので一軍の選手たちとやりたい。技術は1日では身につかないかもしれないが、心構えだったり、プレーの考え方は聞いたときから変えることができると思う」。アピールポイントは肩と打撃で「18歳だけど、1年目から遠慮せずに勝負をしていきたい」と燃えている。

関連タグ: