阪神ドラ1・森木 自主トレ初日から “高等テク” 矢野監督も「いいキャッチボールする」と称賛

2022年01月10日 05時00分

初日から首脳陣をうならせた阪神期待のドラ1・森木(東スポWeb)
初日から首脳陣をうならせた阪神期待のドラ1・森木(東スポWeb)

 初日からポテンシャルの高さを示した。阪神のドラフト1位・森木大智投手(18=高知高)が9日から鳴尾浜で始まった新人合同自主トレに参加した。

 視察に訪れた矢野燿大監督(53)から「将来のエース」と大きな期待をかけられた右腕。指揮官が見入ったのはメニュー序盤のキャッチボールだった。森木は40~50メートルの距離の間を、ライナーのような低い弾道のスピンの効いた球を連発。高校生らしからぬ技量を披露し「いいキャッチボールする」と舌を巻かせてみせた。

 初日を終え「いい状態で来ていると思うので、この1か月でもう少し向上できるようにしていきたい」。1年目の目標であるプロ初勝利に向け「1日1日成長というか前を向いてやっていきたい」とさらなる進化を見据えていた。

関連タグ: