ソフトバンク・工藤監督 痛い敗戦も「松本君を使ったこと自体が悪いとは思わない」

2021年06月02日 01時25分

逆転された8回、戦況を見守るソフトバンク・工藤監督

 ソフトバンクが1日のDeNA戦(横浜)に3―4で痛い逆転負けを喫した。

 これまではロングリリーフで起用してきた松本を投手コーチからの提案を受けて2点リードの8回に投入。しかし、これが裏目に出た。

 先発・武田は7回途中までを1失点に抑える好投だった。試合後の工藤監督は「(相手打線が武田に対して)低めの変化球によく手を出しているのか、出してないのか。よく見た上で自分の投げるボールを決めていかないといけない。武田君のカーブが通用するイコール、誰のカーブも通用するわけではない。打たれて酷なことを言うようですけど、捕手にも見極める能力は必要。投手コーチもバッテリーコーチも、後半のためにしっかりと引き出しを持てるようにしていかないと」。

 そして「今日、松本君を使ったこと自体が悪いとは思わない」。こう話した上で「成功するか失敗するかは、僕は準備の仕方だと思う。今日の武田君の投球を見て、ベイスターズ(の打者)はどういうボールを使うと意識が強くなり、ほかのボールの対処が悪くなるとか。ただ、そういうものによって(起用する)投手の使い分けがあってもいいのかなと思う」。

 痛い敗戦の悔しさを糧にするためにも、今後に向けての課題を口にしていた。

関連タグ: