阪神セットアッパー・岩崎優 “塩対応コメント” が謎の大人気! グッズ化望む声も続出

2021年05月02日 20時10分

阪神・岩崎

 阪神のセットアッパー・岩崎優投手(29)が2日、広島戦(甲子園)の8回に5番手として救援登板。1回を無安打無失点の内容で〝いつも通り〟に勝ち試合をアシストした。

 今季はここまで14試合に登板し、防御率0・73で失点はわずか1。無双状態の背番号13は「虎の死神」と形容するにふさわしい活躍を見せている。

 報道陣の試合取材が大幅に制限されているコロナ禍の現在、選手たちのコメントは球団広報主導で配信されるものが大半だ。以下に岩崎の今季ここまでの配信コメントを一部抜粋してみると…。

「しっかり3人で終えることができてよかったです」(4月10日、DeNA戦)。

「0点で抑えることができてよかったです」(4月15日、広島戦)

「3人で0点で抑えることができてよかったです」(4月16日、ヤクルト戦)

「3人で0点で抑えることができてよかったです」(4月29日、中日戦)

「0点で抑えることができてよかったです」(5月2日、広島戦)

 無機質でそっけなく、ワンパターンなコメントばかり…。だが、そんな岩崎の〝塩対応コメント〟は虎党の間でSNS上でネタ化しつつあり、今や謎の大人気。「ザキコメを見ないと一日が終わらない」「投球内容と同じく抜群の安定感」「勝ち試合の後に味わう極上のデザート」などなど〝中毒者〟が続出する始末だ。

 揚げ句の果てには「もうザキコメでグッズ出してほしい」「#0点で抑えることができて良かったですタオル出してくれよ」とグッズ化を望む声がネット上にはんらんするように…。仕事の速さに定評のある阪神営業グッズ部門はどう反応するか。

関連タグ: