ソフトバンク・大関が1回無失点 工藤監督は「チャンスだと思って」とニッコリ

2021年03月03日 22時00分

好投したソフトバンク・大関

 ソフトバンクの育成2年目左腕・大関友久投手(23)が、初のオープン戦の登板でアピールに成功した。

 3日の中日戦(ペイペイ)で8回にリリーフ登板すると1イニングを無安打無失点。2三振を奪った。

 工藤監督も「僕らの中で(リリーフの左腕は)モイネロ、嘉弥真は決まってるところですけど、もう1人いてくれれば。ワンポイントも考えますし、長いイニングも投げられる投手なので」とにっこり。

 その上で「チャンスだと思って一球一球を大事にしてほしい。自分の登板の時には絶対に抑えると強い気持ちを持ってやってくれれば、彼にとって明るい未来が開けてくると思っています」と期待を込めた。

関連タグ: